2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ペナン島への旅(マレー便り4) | トップページ | 大百の森の会 »

映画「earth(地球)」を観に行こう

 ユニモで公開された「erath」を初日に観た。今は亡き茨木のり子さんの詩を読んで以来、いつか見たい見たいと思っていた映像がすべて入っている。感受性がイマイチなので詩は創れないが紹介はできる。ぜひ、子供たちに見せてあげてほしい。文科省後援で子供一人500円である。

水の星

宇宙の漆黒の闇のなかを

ひっそりまわる水の星

まわりには仲間もなく親戚もなく

まるで孤独な星なんだ

生まれてこのかた

なにに一番驚いたかと言えば

水一滴もこぼさずに廻る地球を

外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか

これを見なかった昔のひととは 

線引きできるほどの意識の差が出てくる筈なのに

みんなわりあいぼんやりとしている

太陽からの距離がほどほどで

それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい

中は火の玉だっていうのに 

ありえない不思議 蒼い星

すざましい洪水の記憶が残り

ノアの箱舟の伝説が生まれたのだろうけれど                     

善良な者たちだけが選ばれて積まれた船であったのに             

子子孫孫のていたらくを見れば、この言い伝えもいたって怪しい

軌道を逸れることもなく いまだ死の星にもならず                

命の豊穣を抱えながら                                

どこかさびしげな 水の星                                 

極小の一分子でもある人間が ゆえなくさびしいのもあたりまえで

あたりまえすぎることは言わないほうがいいのでしょう          

                                              

 鶴

鶴が

ヒマラヤを越える

たった数日間だけの上昇気流を捉え

巻きあがり巻きあがりして

九千メートルに近い峨峨たるヒマラヤ山系を

越える

カウカウと鳴きかわしながら

どうやってリーダーを決めるのだろう

どうやって見事な隊列を組むのだろう

涼しい北で夏の繁殖を終え

育った雛もろとも

越冬地のインドへ命がけの旅

映像が捉えるまで

誰にも信じることができなかった

白皚皚のヒマラヤ山系

突き抜けるような蒼い空

遠目にもけんめいな羽ばたきが見える

なにかへの合図でもあるような

純白のハンカチ打ち振るような

清冽な羽ばたき

羽ばたいて

羽ばたいて

わたしのなかにわずかに残る

澄んだものが

はげしく反応して さざなみ立つ

今も

目をつむれば

まなかいを飛ぶ

アネハヅルの無垢ないのちの

無数のきらめき

*「倚りかからず」 茨木のり子 より

                                                                       

« ペナン島への旅(マレー便り4) | トップページ | 大百の森の会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「earth(地球)」を観に行こう:

« ペナン島への旅(マレー便り4) | トップページ | 大百の森の会 »